Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

50 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


学術論文
[1] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Idf for Word N-Grams," ACM Transactions on Information Systems, volume 36, number 1, Article 5 June 2017.
[2] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia-Based Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Extended Naive Bayes," IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, volume 3, number 2, pages 205-219 June 2015.
[3] Takuya Sugitani, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Method for Detecting Local Events Using the Spatiotemporal Locality of Microblog Posts," Int'l Journal of Web Information Systems (IJWIS) , volume 11, number 1, pages 2-16 May 2015.
[4] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaの記事を素性としたベクトルの生成による短文間の言語非依存な関連度計算," 日本データベース学会論文誌, volume 12, number 2, pages 07-12 2013年10月.
[5] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWordNetを利用した膨大なテキストコーパスからのクラス間関係抽出," 日本データベース学会論文誌, volume 12, number 1, pages 37-42 2013年6月.
[6] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのカテゴリグラフ解析による語句の確率的分類とその応用," 情報処理学会論文誌データベース(TOD), volume 5, number 3, pages 51-63 2012年9月.
[7] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaとベイズ理論を用いた関連エンティティ推測と短文クラスタリングへの応用," 日本データベース学会論文誌, volume 11, number 1, pages 37-42 2012年6月.
[8] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "コンテキストを考慮した複数語からの関連エンティティ抽出手法," 日本データベース学会論文誌, volume 10, number 1, pages 55-60 2011年6月.
[9] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWebの情報を組み合わせたオントロジー構築の試み," 電子情報通信学会論文誌 D, volume 94, number 3, pages 525-539 2011年3月.
[10] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "格助詞付きWeb検索クエリを用いた関連のある概念間の関係抽出," 日本データベース学会論文誌, volume 9, number 1, pages 35-40 2010年6月.
国際会議
[1] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Takuya Maekawa, "Never Abandon Minorities: Exhaustive Extraction of Bursty Phrases on Microblogs Using Set Cover Problem," Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2017), September 2017.
[2] Sohei Kojima, Akira Uchiyama, Masumi Shirakawa, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, "Crowd and Event Detection by Fusion of Camera Images and Micro Blogs," Proc. of International Workshop on Crowd Assisted Sensing, Pervasive Systems and Communications (CASPer 2017), March 2017.
[3] Noriyuki Matsuoka, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Representing Interests of Twitter Users Using Wikipedia and Decay Model," Proc. of International Workshop on Information Search, Integration, and Personalization (ISIP 2016), November 2016.
[4] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "N-Gram IDF: a Global Term Weighting Scheme Based on Information Distance," Proc. of Int'l World Wide Web Conf. (WWW 2015), pages 960-970 May 2015.
[5] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "MLJ: Language-Independent Real-Time Search of Tweets Reported by Media Outlets and Journalists," Proc. of Int'l Conf. on Very Large Data Bases (VLDB 2014), pages 1605-1608 September 2014.
[6] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Collecting Conceptualized Relations from Terabytes of Web Texts for Understanding Unknown Terms," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2014), pages 86-93 August 2014.
[7] Tatsuya Nakamura, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Semantic Similarity Measurements for Multi-Lingual Short Texts Using Wikipedia," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2014), pages 22-29 August 2014.
[8] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Probabilistic Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Wikipedia Entities," Proc of ACM Int'l Conf. on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), pages 903-908 October 2013.
[9] Takuya Sugitani, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Detecting Local Events by Analyzing Spatiotemporal Locality of Tweets," Proc. of Int'l Conf. on The Sixth International Symposium on Mining and Web(MAW-13) , pages 191-196 March 2013.
[10] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Sets: Context-Oriented Related Entity Acquisition from Multiple Words," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2011), volume 1, pages 274-277 August 2011.
[11] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Relation Extraction between Related Concepts by Combining Wikipedia and Web Information for Japanese Language," Proc. of Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2010), pages 310-319 December 2010.
国内会議(査読付き)
[1] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのページビュー数を用いたTwitter上の話題語に対するエンティティリンキング," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), pages 166-173 2015年11月.
[2] 加藤 諒, 原 隆浩, 白川 真澄, 駒井 友香, 真嶋 温佳, 天方 大地, 大澤 純, 松尾 和哉, 横山 正浩, 佐崎 悠, 中村 達哉, 水野 聖也, 西尾 章治郎, "位置プライバシ問題の啓蒙のためのダミーによる位置曖昧化手法の体験システムの実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 50-52 2014年12月.
[3] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとFreebaseの知識を利用したテキストからの上位概念間の関係抽出," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[4] 杉谷 卓哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置情報付きツイートの時空間的局所性の解析によるローカルイベント検出手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1704-1711 2012年7月.
国内研究会
[1] 阿部 隼, 白川 真澄, 原 隆浩, 池田 和史, 帆足 啓一郎, "ユーザのツイート履歴に含まれる単語の出現傾向を用いた ライフイベント予測モデルの構築," 第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2017), 2017年6月.
[2] 白川 真澄, 原 隆浩, "ウェーブレット木を用いたN-gram IDFの近似計算手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[3] 松岡 紀行, 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Twitterユーザの関心の表現に適したデータ構造の検証," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[4] 宮内 天士, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "高精度なツイート投稿位置の推定に有効なルールの抽出," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[5] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "コルモゴロフ複雑性に基づくIDFの単語N-gramへの適用," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[6] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ソーシャルメディアからの言語横断的な話題抽出に向けたエンティティリンキング手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[7] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaを用いたソーシャルメディアからの言語横断的な話題抽出システムの試作," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2014-DBS-160, number 11, pages 1-9 2014年11月.
[8] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "情報距離に基づく単語N-gramの大域的重み付け手法," NLP若手の会 (YANS) 第9回シンポジウム, 2014年9月.
[9] 松岡 紀行, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaによる語彙拡張と指数減衰モデルを用いたTwitterユーザの動的な関心抽出," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2014-14), volume 114, number 101, pages 55-60 2014年6月.
[10] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Twitter上での多言語ジャーナリズムの実現に向けたシステムの試作," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[11] 真嶋 温佳, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "YAGOを用いた拡張固有表現抽出における新出語のクラス推定精度の検証," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[12] 杉谷 卓哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "教師あり機械学習を用いたツイート投稿時のユーザ位置推定手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2013-DBS-158, number 26, pages 1-8 2013年11月.
[13] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaの記事を素性としたベクトルによる短文間の言語非依存な関連度計算手法," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2013-6), volume 113, number 105, pages 53-58 2013年6月.
[14] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWordNetを用いたテラバイト級Webコーパスからのクラス間関係抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[15] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaとナイーブベイズを用いた自然文に対する関連語句取得手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[16] 白川 真澄, Haixun Wang, Yangqiu Song, Zhongyuan Wang, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズの拡張による確率的概念辞書を用いた固有表現のクラス推定," 言語処理学会第18回年次大会 (NLP2012), 2012年3月.
[17] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数語句から構成されるコンテキストを考慮した連想関係の抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[18] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "格フレームを考慮したWeb検索スニペット解析による動作関係抽出," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2010-DBS-151, number 38, pages 1-7 2010年11月.
全国大会
[1] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズによる文書分類のためのWikipediaカテゴリグラフ解析," 第26回人工知能学会全国大会, 2012年6月.
受賞
[1] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月.
[2] 白川 真澄, "情報処理学会コンピュータサイエンス領域奨励賞," 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 2015年3月.
[3] 白川 真澄, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[4] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "チームラボ賞," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[5] 白川 真澄, "山下記念研究賞," 情報処理学会, 2011年3月.
[6] 白川 真澄, "学生奨励賞," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月.