Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

78 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia-Based Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Extended Naive Bayes," IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, volume 3, number 2, pages 205-219 June 2015.
[2] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWordNetを利用した膨大なテキストコーパスからのクラス間関係抽出," 日本データベース学会論文誌, volume 12, number 1, pages 37-42 2013年6月.
[3] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのカテゴリグラフ解析による語句の確率的分類とその応用," 情報処理学会論文誌データベース(TOD), volume 5, number 3, pages 51-63 2012年9月.
[4] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaとベイズ理論を用いた関連エンティティ推測と短文クラスタリングへの応用," 日本データベース学会論文誌, volume 11, number 1, pages 37-42 2012年6月.
[5] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "コンテキストを考慮した複数語からの関連エンティティ抽出手法," 日本データベース学会論文誌, volume 10, number 1, pages 55-60 2011年6月.
[6] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWebの情報を組み合わせたオントロジー構築の試み," 電子情報通信学会論文誌 D, volume 94, number 3, pages 525-539 2011年3月.
[7] Masahiro Ito, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Semantic Relatedness Measurement Based on Wikipedia Link Co-Occurrence Analysis," Int'l Journal of Web Information Systems (IJWIS) , volume 7, number 1, pages 44-61 March 2011.
[8] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "格助詞付きWeb検索クエリを用いた関連のある概念間の関係抽出," 日本データベース学会論文誌, volume 9, number 1, pages 35-40 2010年6月.
[9] 中山浩太郎, 伊藤雅弘, Maike Erdmann, 白川真澄, 道下智之, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaマイニング 近未来チャレンジキックオフ編," 人工知能学会論文誌, volume 24, number 6, pages 549-557 2009年10月.
[10] Erdmann Maike, Nakayama Kotaro, Hara Takahiro, Nishio, and Shojiro, "Improving the Extraction of Bilingual Terminology from Wikipedia," ACM Transactions on Multimedia Computing, Communications, and Applications, volume 5, number 4, 31:1-31:17 October 2009.
[11] Kotaro Nakayama, Masahiro Ito, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Relatedness Measurement Methods and Influential Features," In Proc. of Intl Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2009), pages 738-743 May 2009.
[12] Maike Erdmann, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Extraction of Bilingual Terminology from a Multilingual Web-Based Encyclopedia," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 7, pages 2468-2479 July 2008.
[13] 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "自然言語処理とリンク構造解析を利用したWikipediaからのWebオントロジ自動構築," 日本データベース学会論文誌, volume 7, number 1, pages 67-72 2008年6月.
[14] Pei Minghua., Nakayama Kotaro, Hara Takahiro, and Nishio Shojiro, "Web Resource Categorization by Detecting Potential Relations," IPSJ Journal , volume 49, number 2, pages 848-858 February 2008.
[15] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのリンク共起性解析によるシソーラス辞書構築," 情報処理学会論文誌:データベース, volume 48, number SIG20 (TOD 36), pages 39-49 2007年12月.
[16] 中山 浩太郎, "山下記念研究賞," 情報処理学会, 2007年8月.
[17] 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Web事典からのシソーラス辞書構築手法," 情報処理学会論文誌: データベース, volume 48, number SIG19(TOD 34), pages 1367-1374 2007年6月.
[18] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "大規模Web事典からのシソーラス辞書構築," 日本データベース学会Letters, volume 5, number 4, pages 41-44 2007年3月.
[19] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaマイニングによるシソーラス辞書の構築手法," 情報処理学会論文誌, volume 47, number 10, pages 2917-2928 2006年10月.
国際会議
[1] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Collecting Conceptualized Relations from Terabytes of Web Texts for Understanding Unknown Terms," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2014), pages 86-93 August 2014.
[2] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Probabilistic Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Wikipedia Entities," Proc of ACM Int'l Conf. on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), pages 903-908 October 2013.
[3] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Sets: Context-Oriented Related Entity Acquisition from Multiple Words," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2011), volume 1, pages 274-277 August 2011.
[4] Maike Erdmann, Andrew Finch, Kotaro Nakayama, Eiichiro Sumita, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Calculating Wikipedia Article Similarity Using Machine Translation Evaluation Metrics," Proc. of IEEE International Symposium on Mining and Web (MAW 2011), pages 532-537 March 2011.
[5] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Relation Extraction between Related Concepts by Combining Wikipedia and Web Information for Japanese Language," Proc. of Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2010), pages 310-319 December 2010.
[6] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Concept Vector Extraction from Wikipedia Category Network," In Proc. of 3rd Intl Conf. on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2009), pages 71-79 January 2009.
[7] Erdmann Maike, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Using an Svm Classifier to Improve the Extraction of Bilingual Terminology from Wikipedia," In Proc. of User-Contributed Knowledge and Artificial Intelligence, volume 5, number 4, page 31 2009.
[8] Masahiro Ito, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Association Thesaurus Construction Methods Based on Link Co-Occurrence Analysis for Wikipedia," In Proc. ACM Intl Conf. on Information and Knowledge Management (CIKM 2008), pages 817-826 October 2008.
[9] Kotaro Nakayama, Minghua Pei, Maike Erdmann, Masahiro Ito, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Mining - Wikipedia as a Corpus for Knowledge Extraction -," In Proc. of Intl Wikimedia Conference (Wikimania 2008), July 2008.
[10] Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Link Structure and Text Mining for Semantic Relation Extraction," In Proc. of Intl Semantic Search Workshop (SemSearch 2008), pages 59-73 June 2008.
[11] Hara Takahiro Erdmann Maike Nakayama Kotaro and Nishio Shojiro, "An Approach for Extracting Bilingual Terminology from Wikipedia," In Proc. of DASFAA 2008, 380-392 March 2008.
[12] Hara Takahiro Nakayama Kotaro Ito Masahiro and Nishio Shojiro, "Wikipedia Mining for Huge Scale Japanese Association Thesaurus Construction," In Proc. of MAW 2008, pages 1150-1155 March 2008.
[13] Hara Takahiro Pei Minghua Nakayama Kotaro and Nishio Shojiro, "Constructing a Global Ontology by Concept Mapping Usingwikipedia Thesaurus," In Proc. of MAW 2008, 1205-1210 March 2008.
[14] Hara Takahiro Pei Minghua Nakayama Kotaro and Nishio Shojiro, "An Integrated Method for Web Resource Categorization," In Proc. of MAW 2008, 1211-1216 March 2008.
[15] Nakayama Kotaro, Hara Takahiro, , and Nishio Shojiro, "Wikipedia Mining for an Association Web Thesaurus Construction," In Proc. of WISE2007, pages 322-334 December 2007.
[16] Nakayama Kotaro, Hara Takahiro, , and Nishio Shojiro, "A Thesaurus Construction Method from Large Scale Web Dictionaries," In Proc. of AINA 2007, pages 932-939 May 2007.
[17] Pei Minghua, Nakayama Kotaro, Hara Takahiro, , and Nishio Shojiro, "Web Resource Categorization for Semantic Web Search," Proc. of SWIIS 2007, pages 34-43 April 2007.
[18] Kotaro Nakayama, Takuya Maekawa, Hirokazu Tomiyasu, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Proc. of Intl Workshop on Tools and Applications on Mobile Contents (Tamc 2006)," Proc. of Intl Workshop on Tools and Applications on Mobile Contents (TAMC 2006), pages 46-53 May 2006.
[19] Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Web Mining Method Based on Personal Ontology for Semi-Structured Rdf," In Proc. of Intl Workshop on Scalable Semantic Web Knowledge Base Systems (SSWS 2005), pages 227-234 November 2005.
[20] Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Agent System for Ontology Sharing on Www," In Proc. of Intl World Wide Web Conf. (WWW 2005), pages 964-965 May 2005.
国内会議(査読付き)
[1] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとFreebaseの知識を利用したテキストからの上位概念間の関係抽出," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[2] 神崎 映光, 原 隆浩, 中山 浩太郎, 若宮 直紀, 下條 真司, "複数拠点統合型センサネットワークテストベッドX-Sensorの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, volume 2007, number 9, pages 117-121 2007年11月.
[3] Pei Minghua, Kota Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Efficient Semantic Web Search Method Based on Class Categorization," 情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム論文集 (DBWeb 2006), pages 313-320 November 2006.
[4] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Web事典からのシソーラス辞書構築手法," 情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム論文集(DBWeb 2006), pages 345-352 2006年10月.
国内研究会
[1] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWordNetを用いたテラバイト級Webコーパスからのクラス間関係抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[2] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaとナイーブベイズを用いた自然文に対する関連語句取得手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[3] 白川 真澄, Haixun Wang, Yangqiu Song, Zhongyuan Wang, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズの拡張による確率的概念辞書を用いた固有表現のクラス推定," 言語処理学会第18回年次大会 (NLP2012), 2012年3月.
[4] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数語句から構成されるコンテキストを考慮した連想関係の抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[5] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaの多様な特徴を利用した概念間関連度と有用な特徴の調査," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE2010-26), volume 110, number 328, pages 7-12 2010年12月.
[6] Maike Erdmann, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nisio, "Bilingual Terminology Extraction from Wikipedia Combined with Web Search Engine Results," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE2010-26), volume 110, number 328, pages 1-6 December 2010.
[7] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "格フレームを考慮したWeb検索スニペット解析による動作関係抽出," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2010-DBS-151, number 38, pages 1-7 2010年11月.
[8] 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Web検索を用いた関連のある概念間の関係抽出手法," 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010), 2010年2月.
[9] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのカテゴリネットワークを用いた概念のベクトル化手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム/情報学基礎合同研究会 2008-DBS-145 2008-FI-91), volume 2008, number 56, pages 89-96 2008年6月.
[10] 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "自然言語処理とリンク構造解析を利用したWikipediaからのWebオントロジ自動構築に関する一手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2008)論文集, 2008年3月.
[11] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "センテンスを考慮したリンク共起性解析によるWikipediaからの連想シソーラス辞書構築に関する一考察," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2008)論文集, 2008年3月.
[12] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのリンク共起性解析によるシソーラス辞書構築のスケーラビリティ向上," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2007-DBS-143), volume 107, number 131, pages 539-544 2007年7月.
[13] Maike Erdmann, Kotaro Nakayama, Eiichiro Sumita, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Link Structure Analysis for Extracting Bilingual Terminology," In 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2007-DBS-143), volume 107, number 131, pages 551-556 July 2007.
[14] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaタギングを利用した検索エンジンの研究開発, 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(Webインテリジェンスとインタラクション研究会WI2-2007), pages 73-78 2007年3月.
[15] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaマイニングによる信頼性情報を考慮した記事関係の抽出," 情報処理学会研究報告(デジタルドキュメント研究会 2006-DD-58), volume 2006, number 128, pages 115-122 2006年12月.
[16] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "RDFに対するハイブリッドWebマイニング," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2005-DBS-137, volume 2005, number 68, pages 381-388 2005年7月.
[17] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "XML-Webサービスを利用したモバイル3D電子カルテシステムに関する研究," 情報処理学会研究報告(デジタルドキュメント研究会2004-DD-44), volume 2004, number 59, pages 023-028 2004年5月.
全国大会
[1] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズによる文書分類のためのWikipediaカテゴリグラフ解析," 第26回人工知能学会全国大会, 2012年6月.
[2] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Web上の情報を用いたWikipedia記事の信頼性評価に関する検討," 第24回人工知能学会全国大会(JSAI 2010), CD-ROM 2010年6月.
[3] 道下 智之, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaにおける文書トピックを利用した語義曖昧性解消手法," 平成21年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 2009年9月.
[4] 白川真澄, 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaのカテゴリ構造解析とクラスタリングによる概念ベクトルの生成," 第23回人工知能学会全国大会, 2009年6月.
[5] 伊藤雅弘, 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Wikipediaの概念に基づく連想関係テストコレクション「WikiSimi3000」," 第23回人工知能学会全国大会, 2009年6月.
[6] 道下智之, 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "ウィキペディアを用いた語義曖昧性解消手法と情報検索への応用," 第23回人工知能学会全国大会, 2009年6月.
[7] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのカテゴリ解析による概念のベクトル化手法の拡張と評価," 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pages 117-120 2008年10月.
[8] 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末用3Dフレームワーク「3D- Raven」," 画像電子学会第32回年次大会予稿集, pages 089-093 2004年6月.
その他(一般記事等)
[1] 原 隆浩, 神崎 映光, 中山 浩太郎, 義久 智樹, 寺西 裕一, 若宮 直紀, 下條 真司, "X-Sensor:大規模実証実験を可能とするセンサネットワークテストベッド, 情報処理, Vol. 49, No. 8, pp. 950-955 (2008年8月)," , 2008年8月.
[2] 中山 浩太郎, "Wikipediaから抽出した大規模シソーラスおよびそのWeb API, Science Portal 新技術紹介," , 2007年10月.
[3] 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "人工知能研究の新しいフロンティ ア:Wikipedia," 人工知能学会誌, volume 22, number 5, pages 693-701 2007年9月.
受賞
[1] Masahiro Ito, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Outstanding Paper Award (Highly Commended)," International Journal of Web Information Systems, December 2012.
[2] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "チームラボ賞," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[3] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010), 2010年2月.
[4] 中山 浩太郎, "CS(Computer Science) 専攻賞," 情報処理学会, 2007年11月.
[5] 中山 浩太郎, "Microsoft Innovation Award 2007 優秀賞," イノベーションジャパン2007, 2007年9月.
[6] 中山 浩太郎, "最優秀ポスター賞," 第11回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA2007), 2007年9月.
[7] 中山 浩太郎, "学生発表奨励賞," 情報処理学会 データベースシステム研究会, 2006年12月.