Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

126 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] Jun Shinomiya, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method for Multi-Granularity Contour Lines Map Creations on an Overlay Network," Journal of Information Processing (JIP), volume 21, number 4, pages 665-673 October 2013.
[2] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークにおけるシステムの制約設定に基づくセンサ観測値収集手法," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 12, pages 3251-3262 2011年12月.
[3] 川上 朋也, 竹内 亨, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, 下條 真司, "地理的オーバレイネットワークを用いた位置依存コンテンツ分散管理手法 ," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 12, pages 3289-3299 2011年12月.
[4] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークにおける空間補間に適したセンサ観測値収集手法," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 10, pages 2892-2901 2011年10月.
[5] 白木 徹, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要, 西尾 章治郎, "P2P ネットワークにおける Bloom Filter を用いた移動履歴に基づくユーザ探索手法の提案," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 9, pages 1905-1915 2010年9月.
[6] 小西 佑治, 吉田 幹, 竹内 亨, 寺西 裕一, 春本 要, 下條 真司, "単一ノードに複数キーを保持可能とするSkipGraph拡張," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 9, pages 3223-3233 2008年9月.
[7] 竹内 亨, 寺西 裕一, 春本 要, 下條 真司, "ソーシャルネットワークを活用した情報伝播モデルに基づいた社内コミュニケーション支援システム," 電気学会論文誌, volume 128, number 4, pages 546-552 2008年4月.
[8] 吉田 幹, 奥 田 剛, 寺西 裕一, 春本 要, 下條 真司, "マルチオーバレイと分散エージェントの機構を統合したP2Pプラットフォーム PIAX," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 1, pages 402-413 2008年1月.
[9] 高橋健太郎, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "時間重要度をもつ位置依存コンテンツ検索のためのP2Pネットワークに関する検討," 日本データベース学会 Letters, volume 6, number 1, pages 121-124 2007年6月.
[10] 中野宏一, 片山 肇, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づいたP2Pネットワークのトポロジ再構築アルゴリズムの評価," 日本データベース学会Letters, volume 5, number 1, pages 41-44 2006年6月.
[11] Kaname Harumoto, Tadashi Nakano, Shinya Fukumura, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "Effective Web Browsing Through Content Delivery Adaptation," ACM Transactions on Internet Technology, volume 5, number 4, pages 571-600 November 2005.
[12] 春本 要, 藤本 拓, 中野 賢, 西尾 章治郎, "パイプラインリクエストを考慮したWebキャッシングプロキシ上での配送順序変更方式," 情報処理学会論文誌, volume 44, number 11, pages 2806-2816 2003年11月.
[13] 福村 真哉, 中野 賢, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "マルチメディア・コンテンツ配送のための配送順序決定支援ツール," 情報処理学会論文誌, volume 43, number 4, pages 1079-1088 2002年4月.
[14] 中野 腎, 春本 要, 下条 真司, 西尾 章治郎, "インラインオブジェクトの配送順序制御が可能なページ配送機構," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J84-D-I, number 2, pages 155-164 2001年2月.
[15] Kaname Harumoto, Tadashi Nakano, and Shinji Shimojo, "An Architecture for Adaptive Multimedia Content Delivery," New Generation Computing, volume 18, number 4, pages 375-389 September 2000.
[16] Toyokazu Akiyama, Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Access Skew Detection for Dynamic Database Relocation," International Journal of Computing and Informatics (Informatica), volume 24, number 1, pages 21-25 March 2000.
[17] 相坂一樹, 塚本 昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "知識獲得を用いたデータベース圧縮のためのルール選択方法について," 電子情報通信学会論文誌 D-I, volume J83-D-I, number 2, pages 273-281 2000年2月.
[18] 萩野 浩明, 新谷 剛, 原 隆浩, 塚本昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "移動体計算環境における連続メディア配送のための通信方式," 情報処理学会論文誌, volume 41, number 2, pages 363-372 2000年2月.
[19] 中野 賢, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "ページ配送時間を考慮した画質調整機能をもつWWWサーバ," 電子情報通信学会論文誌 D-I, volume J83-D-I, number 1, pages 194-202 2000年1月.
[20] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, 奥井 順, "広帯域ネットワーク上のデータベース移動に基づく動的複製配置法," 情報通信学会論文誌D-I, volume J82-D-I, number 8, pages 1049-1058 1999年8月.
[21] 秋山 豊和, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "アクセス情報に基づくデータベース移動を用いたデータベース再配置手法," 情報処理学会論文誌, volume 40, number 6, pages 2765-2775 1999年6月.
[22] Budiarto, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "On Relocation Decision Policies of Mobile Databases," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E82-D, number 2, pages 412-421 February 1999.
[23] Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Database Migration: a New Architecture for Transaction Processing in Broadband Networks," IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, volume 10, number 5, pages 839-854 September 1998.
[24] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データベース移動に基づく分散データベースシステムとその並列処理制御機構," 電子情報通信学会論文誌 D-I, volume J81-D-I, number 6, pages 819-828 1998年6月.
[25] Budiarto, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, Shojiro Nishio, and Tetsuya Takine, "On Strategies for Allocating Replicas of Mobile Databases," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E81-D, number 1, pages 37-46 January 1998.
[26] Budiarto, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Position Locking: Handling Location Dependent Queries in Mobile Computing Environment," Worldwide Computing and Its Applications, Lecture Notes in Computer Science 1274, pages 363-378 August 1997.
[27] 原 隆浩, 春本 要, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "データベース移動を用いたATMネットワークにおけるトランザクション処理," 電子情報通信学会和文論文誌 D-I, volume J80-D-I, number 6, pages 505-513 1997年6月.
国際会議
[1] Yuuichi Teranishi, Yusuke Sawamura, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Reducing Latency of Message Diffusion on Congested DTNs," Proc. of IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2013), pages 4452-4458 December 2013.
[2] Jun Shinomiya, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method Based on the Constraint of Collected Number and Granularity of Characteristics on an Overlay Network,," Proc. 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012), pages 100-107 July 2012.
[3] Jun Shinomiya, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method under a System Constraint Using Hierarchical Delaunay Overlay Network," Proc. of Seventh Int'l Conf. on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP2011), pages 300-305 December 2011.
[4] Yusuke Sawamura, Yuuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Broadcast Method Based on Estimation and Preservation of Stable Links in Delay Tolerant Networks," Proc. of Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous and Context-Aware Services on Sensor Networks (EUCASS 2011), July 2011.
[5] Yuuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, and Kaname Harumoto, "Hdov - an Overlay Network for Wide Area Spatial Data Collection," Proc. Of the 26th Symposium On Applied Computing (SAC2011), pages 506-513 March 2011.
[6] Kentaro Fujiwara, Kaname Harumoto, Yuichi Teranishi, Toyokazu Akiyama, Susumu Takeuchi, and Shojiro Nishio, "A Self-Localization Method Using Propagation of Existence Probability," Proc. of Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous and Context-Aware Services on Sensor Networks (EUCASS), pages 201-204 July 2010.
[7] Jun Shinomiya, Yuichi Teranishi, Kaname Harumoto, Susumu Takeuchi, and Shojiro Nishio, "An Examination of Sensor Data Collection Method for Spatial Interpolation on Hierarchical Delaunay Overlay Network," Proc. of Int'l Workshop on Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (SeNTIE 2010), pages 407-412 May 2010.
[8] Toru Shiraki, Yuuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Proposal and Evaluation of a Bloom Filter-Based User Search Method for Movement Records on P2p Network," In Proc. of Intl Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2010), pages 57-64 January 2010.
[9] Toru Shiraki, Yuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Bloom Filter-Based User Search Method Based on Movement Records for P2p Network," In Proc. of Intl Workshop for Ubiquitous Networking and Enablers to Context-Aware Services (UNECAS 2009), pages 170-180 July 2009.
[10] Kohichi Kohigashi, Kentaro Takahashi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Peer-To-Peer Information Sharing Method for Rdf Triples Based on Rdf Schema," In Proc. of International Symposium on Distributed Computing and Artificial Intelligence 2009 (DCAI09), pages 646-650 June 2009.
[11] Kentaro Takahashi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Peer-To-Peer Searching Mechanisms for Location-Aware Contents with Time-Dependent Importance," In Proc. of International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2008), pages 160-165 November 2008.
[12] Tomoya Kawakami, Bich Lam Ngoc Ly, Susumu Takeuchi, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Distributed Sensor Information Management Architecture Based on Semantic Analysis of Sensing Data," In Proc. of Intl Symposium on Applications and the Internet (SAINT2008), pages 353-356 July 2008.
[13] Kentaro Fujiwara, Yuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "An Implementation of Lightweight Message Transport Mechanism for P2P Agent Platform on Ad-Hoc Networks," In Proc. of Intl Symposium on Applications and the Internet(SAINT 2008), pages 361-364 July 2008.
[14] Shinoda Hiroyuki, Takeuchi Susumu, Teranishi Yuuichi, Harumoto Kaname, , and Shimojo Shinji, "A Ubiquitous Activity Navigation Method by Collaborative Filtering Based on Behavioral Characteristics," In Proc. of ICCE 2007, pages 297-302 November 2007.
[15] Hirokazu Nakano, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Topology Re-Formation Algorithms for Ubiquitous P2p Networks Based on Response Statistics," Proc. of Intl Workshop on Ubiquitous Networking and Enablers to Context-Aware Services, January 2007.
[16] Yu Kaneko, Kaname Harumoto, Shinya Fukumura, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, " a Location-Based Peer-To-Peer Network for Context-Aware Services in a Ubiquitous Environment," In Proc. of Intl Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005) Workshops, pages 208-211 February 2005.
[17] Shinya Fukumura, Tadashi Nakano, Kaname Harumoto, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "Realization of Personalized Presentation for Digital Contents Based on Browsing History," In Proc. IEEE Pacific Rim Conf. on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2003), pages 927-930 August 2003.
[18] Tadashi Nakano, Kaname Harumoto, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "User Adaptive Content Delivery Mechanism on the World Wide Web," In Proc. 17th ACM Symposium on Applied Computing (SAC2002), March 2002.
[19] Hiroshi Fujimoto, Tadashi Nakano, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Response Order Rearrangement on a Caching Proxy for Reducing Www Latency," In Proc. 17th ACM Symposium on Applied Computing (SAC2002), March 2002.
[20] Tadashi Nakano, Kaname Harumoto, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "Extending Hypertext Streaming Protocol to Realize Effective Web Page Transmission Via a Caching Proxy," In Proc. 16th ACM Symposium on Applied Computing (ACM SAC 2001), pages 440-445 March 2001.
[21] Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Dynamic Replica Allocation Using Database Migration in Broadband Networks," In Proc. International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2000), pages 376-384 April 2000.
[22] Tadashi Nakano, Kaname Harumoto, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "Controlling Transmission Order of Inline Objects for Effective Web Page Publishing," In Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2000), volume 2, pages 942-947 March 2000.
[23] Toyokazu Akiyama, Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Database Migration Based on Access Skew Detection," In Proc. of International Symposium on Database, Web, and Cooperative Systems (DWACOS 1999), pages 65-72 August 1999.
[24] Budiarto, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Performance Evaluation of Two Step Locking Protocol for Location Databases in Mobile Environment," In Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 1999), pages 254-257 August 1999.
[25] Kaname Harumoto, Tadashi Nakano, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "A WWW Server with Media Scaling Mechanism Based on Page Transmission Latency," In Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 1999), pages 444-447 August 1999.
[26] Goh Chien-Le, Kazuki Aisaka, Masahiko Tsukamoto, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Database Compression with Data Mining Methods," In Proc. of the 5th International Conference on Foundations of Data Organization (FODO 1998), pages 97-106 November 1998.
[27] Takahiro Hara, Kaname Harumoto, MasahikoTsukamoto, and Shojiro Nishio, "Db-Man: a Distributed Database System Based on Database Migration in Atm Networks," In Proc. of the 14th International Conference on Data Engineering, pages 522-531 February 1998.
[28] Budiarto, Kaname Harumoto, MasahikoTsukamoto, and Shojiro Nishio, "Relocation Decision Policies for Mobile Replicas," In Proc. of International Symposium on Digital Media Information Base (DMIB97), pages 285-294 November 1997.
[29] Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, Shojiro Nishio, and Jun Okui, "Main Memory Database for Supporting Database Migration," In Proc. of 1997 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM97), pages 231-234 August 1997.
[30] Budiarto, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "Position Locking: Handling Location Dependent Queries in Mobile Computing Environment," In Proc. of the Worldwide Computing and Its Applications 97 (WWCA 97), March 1997.
[31] Hara Takahiro, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "Location Management Methods of Migratory Data Resources in Atm Networks," In Proc. of the 1997 ACM Symposium on Applied Computing (ACM SAC 97), pages 123-130 February 1997.
[32] Hara Takahiro, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "Database Migration for Transaction Processing in Atm Networks," In Proc. of the Eleventh International Conference on Information Networking (ICOIN 11), January 1997.
[33] Shintani Go, Tsukamoto Masahiko, Harumoto Kaname, and Nishio Shojiro, "Network and Transport Mechanisms for Continuous Media Communication in Mobile Computing Environments," In Proc. of the Third International Workshop on Protocols for Multimedia Systems (PROMS 96), pages 381-392 October 1996.
[34] Budiarto, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "On Transaction Management for Mobile Clients and Servers," In Proc. of the Second International Workshop on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC 96), pages 402-406 July 1996.
[35] Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "Design and Implementation of an Information Repository for Asn.1-Based Distributed Applications," In Proc. of the 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 96), pages 681-684 July 1996.
[36] Budiarto, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, Nishio Shojiro, and Takine Tetsuya, "Replica Allocation Strategies in Mobile Computing Environment," In Proc. of the 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 96), pages 99-102 July 1996.
[37] Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "A Database System Based on Asn.1: Its System Architecture and Database Programming Language," In Proc. of Intl Symposium on Advanced Database Technologies and Their Integration (ADTI 1994), pages 160-167 October 1994.
国内会議(査読付き)
[1] 四之宮 潤, 石 芳正, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "広域大規模センサネットワークにおけるセンサ観測値可視化システムの提案," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011), volume 2011, pages 130-133 2011年10月.
[2] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネー オーバレイネットワークにおけるシステムの制約設定に基づくセンサ観測値収集手法の検討," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 787-796 2011年7月.
[3] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークを用いた空間補間のためのセンサ観測値収集手法," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010)論文集, volume 2010, number 1, pages 761-768 2010年7月.
[4] 白木 徹, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要, 西尾 章治郎, "P2P環境におけるBloom Filterを用いた移動履歴に基づくユーザ探索手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2009)シンポジウム論文集, volume 2009, number 1, pages 1330-1335 2009年7月.
[5] 川上 朋也, Bich Lam Ngoc Ly, 竹内 亨, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "センシングデータの意味的解釈に基づく分散センサ情報管理アーキテクチャ," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2008)論文集, volume 2008, number 1, pages 1746-1453 2008年7月.
[6] 金子 雄, 春本 要, 福村真哉, 下條真司, 西尾章治郎, "位置情報に基づくP2Pネットワークにおけるエリアの階層化," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2005)論文集, 2005年2月.
[7] 片山 肇, 中野宏一, 金子 雄, 福村真哉, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況を用いたP2Pネットワークの繋ぎ換えアルゴリズムの評価," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2005)論文集 , 2005年2月.
[8] 福村真哉, 中野 賢, 春本 要, 下條真司, 西尾章治郎, "視聴履歴に基づくディジタルコンテンツの個人化された提示手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2002)論文集, 2002年3月.
[9] 藤本 拓, 中野 賢, 春本 要, 西尾 章治郎, "キャッシングプロキシにおける WWWコンテンツの効率的な転送方式," 電子情報通信学会 第12回データ工学ワークショップ(DEWS2001)論文集, 2001年3月.
[10] 酒井 仁, 秋山 豊和, 海貝 明道, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾章治郎, "移動機能を有する分散データベースシステムDB-MANαの設計と実装," 電気情報通信学会第10回データ工学ワークショップ (DEWS 1999), 1999年3月.
[11] 中野 賢, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "情報コンテンツの配送時間を考慮したWWWサーバの構築," 電気情報通信学会第10回データ工学ワークショップ (DEWS 1999), 1999年3月.
[12] 秋山 豊和, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "トランザクション系列に基づくデータベース移動を用いたデータベース再配置手法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, volume 98, number 14, pages 153-159 1998年11月.
[13] 小西 孝重, 相坂 一樹, 春本 要, 西尾 章治郎, "関係データベースのための圧縮機構と問合せ処理機構の実現," 電子情報通信学会第9回データ工学ワークショップ(DEWS98)論文集(CD-ROM), 1998年3月.
[14] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データベース移動を用いた分散データベースシステムの並行処理制御について," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pages 179-186 1996年10月.
国内研究会
[1] 澤村 雄介, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "DTN ブロードキャストにおける配布遅延削減のためのメッセージ送信順スケジューリング手法に関する一考察," 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 2013年3月.
[2] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークにおけるシステム制約と特徴点の粒度に基づくセンサ観測値収集手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-150, number 48, pages 1-8 2012年2月.
[3] 白木 徹, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおける属性条件合致ピアの概数を推定可能なピア検索手法の検討," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[4] 藤原 謙太郎, 寺西 裕一, 秋山 豊和, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "存在確率分布の伝播を用いたユーザ位置推定手法," 情報処理学会研究報告(コンピュータセキュリティ CSEC2010-48), 2010年3月.
[5] 藤原謙太郎, 寺西裕一, 秋山豊和, 春本 要, 竹内 亨, 西尾章治郎, "無線電波強度分布に基づくユーザ存在範囲推定手法について," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会 2009-DPS-141), volume 2009-DPS-141, number 24, 2009年11月.
[6] 小西 佑治, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 下條 真司, 西尾 章治郎, "ボロノイ領域を均一化するドロネーオーバレイネットワークの階層化手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理, 2008-DPS-136), volume 2008, number 91, pages 35-40 2008年9月.
[7] 熊丸 恵太, 竹内 亨, 寺西 裕一, 春本 要, 横畑 夕貴, 武本 充治, 下條 真司, 西尾 章治郎, "移動履歴に基づく行動ナビゲーションのソーシャルキャピタルサービスへの適用と利用特性評価," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理, 2008-DPS-135), volume 2008, number 54, pages 41-44 2008年6月.
[8] 高橋 健太郎, 春本 要, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおける時間重要度をもつ位置依存コンテンツの検索手法に関する一考察," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2008)論文集, 2008年3月.
[9] 高橋健太郎, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "時間重要度を持つ位置依存コンテンツ検索のためのP2Pネットワークの検討," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2007)論文集, 2007年2月.
[10] 片山 肇, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づくP2Pネットワークトポロジ変更手法の改善," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2005-DBS-137), volume 2005, number 67, pages 215-222 2005年7月.
[11] 片山 肇, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づくP2Pネットワークトポロジ変更手法の改善," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2005-DBS-137), volume 2005, number 67, pages 215-222 2005年7月.
[12] 福村 真哉, 中野 賢, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "ユーザの視聴傾向に基づき個人化したWebページの動的生成," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2004-DBS-132・放送コンピューティング研究グループ2004-BCCgr-7 合同研究発表会), volume 2004, number 3, pages 57-64 2004年1月.
[13] 中野 賢, 春本 要, 下條真司, 西尾章治郎, "キャッシングプロキシを考慮 したWebページのインラインオブジェクト配送順序制御機構," 情報処理学会第 122回データベースシステム研究会報告(2000-DBS-122), volume 2000, number 69, pages 299-306 2000年7月.
[14] 中野 賢, 春本 要, 下條真司, 西尾 章治郎, "WWWにおけるインラインオブジェクトの配送順序制御について," 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 1999-DBS-119), volume 99, number 61, pages 207-212 1999年7月.
[15] 相坂 一樹, 塚本 昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "知識獲得を用いたデータベース圧縮のためのルール選択方法について," 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 1999-DBS-117), volume 99, number 6, pages 65-70 1999年1月.
[16] Budiarto, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "A Locking Protocol for Location Databases in Mobile Environment," In 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 1998-DBS-116(2)), volume 98, number 58, pages 39-46 July 1998.
[17] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "広帯域ネットワークにおけるデータベースシステムアーキテクチャ," インターネット技術研究委員会 (ITRC) シンポジウム論文集, pages 97-104 1998年2月.
[18] 田中 克己, 田島 敬史, 下條 真司, 春本 要, "マルチメディア・コンテンツのアクセスアーキテクチャ," 知能情報・高度情報処理シンポジウム論文集, pages 19-24 1997年10月.
[19] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾章 治郎, "データベース移動に基づく動的複製配置法," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE97-23), volume 97, number 160, pages 107-112 1997年7月.
[20] 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ビューを用いたデータベース圧縮手法," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE97-13), volume 97, number 160, pages 45-50 1997年7月.
[21] 春本 要, "移動体計算環境上の分散データベースにおけるトランザクション管理手法に関する研究," 『高度データベース』東京ワークショップ講演論文集, pages 304-308 1997年6月.
[22] 新谷 剛, 塚本 昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "移動体をサポートするためのマルチメディア通信プロトコル," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE96-73), volume 96, number 288, pages 49-54 1996年10月.
[23] Budiarto, Harumoto Kaname, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "On Strategies for Allocating Replicas of Mobile Databases," In 『高度データベース』松江ワークショップ講演論文集, volume 2, pages 473-479 September 1996.
[24] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ATM環境内で移動するデータベースの位置管理について," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE96-29), volume 96, number 176, pages 111-116 1996年7月.
[25] 庄司 加奈子, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "広帯域ネットワークにおけるデータベース移動の実現について," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE96-10), volume 96, number 54, pages 55-60 1996年5月.
[26] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ATM環境におけるデータベース移動に基づくトランザクション処理手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 96-DBS-106-7), volume 96, number 11, pages 49-56 1996年1月.
[27] Budiarto, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "移動体計算環境におけるトランザクション制御方式," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE95-51), volume 95, number 287, pages 9-16 1995年10月.
[28] 西尾 章治郎, 塚本 昌彦, 春本 要, 下條 真司, "広帯域ネットワークにおけるデータベースシステムの可能性," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE95-56), volume 95, number 287, pages 49-56 1995年10月.
[29] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ASN.1データベースシステムにおけるインデックス機構の比較," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 95-DBS-104-3), volume 95, number 65, pages 17-24 1995年7月.
[30] 八幡 孝, 塚本 昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "連続メディアのための移動体通信アーキテクチャ," 情報処理学会夏のプログラミングシンポジウム, pages 1-8 1995年7月.
[31] 齋藤 淳, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ASN.1データベースシステムにおけるデータ格納方式," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 95-DBS-101-3), volume 95, number 12, pages 17-24 1995年1月.
[32] 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ASN.1データベースプログラム言語," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 94-DBS-99-33), volume 94, number 62, pages 249-256 1994年7月.
[33] 仲秋 朗, 春本 要, 齋藤 淳, 塚本昌彦, 西尾 章治郎, "OODBMSを用いたASN.1データベースの実現," 情報処理学会研究報告(システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 94-OS-64-26,マルチメディア通信と分散処理研究会 94-DPS-65-26), volume 94, number 39, pages 151-156 1994年5月.
[34] 春本 要, 仲秋 朗, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, 宮原 秀夫, "抽象構文記法1(ASN.1)に基づくデータベースシステム," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 94-DBS-97-5), volume 94, number 30, pages 41-50 1994年3月.
全国大会
[1] 金子 雄, 福村 真哉, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "モバイル環境におけるP2P型通信を用いた状況依存型集合場所検索サービスの構築," 情報科学技術フォーラム(FIT 2003)論文集, volume 4, pages 187-188 2003年9月.
[2] 藤本拓, 中野賢, 春本要, 西尾章治郎, "キャッシングプロキシにおける 配送順序変更手法の理論的性能解析," 情報処理学会 第63回全国大会講演論文集 (CD-ROM), 2001年9月.
[3] 新谷 剛, 塚本 昌彦, 春本 要, 西尾 章治郎, "モーバイルコンピューティング環境における連続メディア配送のための通信プロトコル," 情報処理学会第56回全国大会講演論文集 (3), pages 500-501 1998年3月.
[4] 秋山 豊和, 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データベース移動を利用した分散データベースシステムの設計と実装," 情報処理学会 第55回全国大会講演論文集 (3), pages 469-470 1997年9月.
[5] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データベース移動に基づく分散データベースシステムDB-MANの性能評価," 情報処理学会 第54回全国大会講演論文集 (3), pages 243-244 1997年3月.
[6] 八幡 孝, 春本 要, 西尾 章治郎, "汎用協調作業支援システムCOCOAの設計およびその応用," 日本ソフトウェア科学会 第11回大会論文集, pages 209-212 1994年9月.
著書/監修/編集/訳書
[1] 塚本 昌彦, 春本 要, 次世代TCP/IP技術解説 (Thomas, S.A.(著)), 日経BP, 1997年.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] Shojiro NishioKatsumi TanakaYasuo ArikiShinji ShimojoMasahiko TsukamotoMasatoshi ArikawaKeishi TajimaKaname Harumoto, "An Advanced Processing Environment for Managing the Continuous and Semistructured Features of Multimedia Content," , September 2000.
その他(一般記事等)
[1] 澤村 卓哉, 日比野 哲之, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "通信アプリケーション記述のためのASN.1データベースプログラミング言語の拡張," 電子情報通信学会第6回データ工学ワークショップ(DEWS95)論文集, pages 175-182 1995年3月.
受賞
[1] 四之宮 潤, 石 芳正, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[2] 小西 佑治, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "情報処理学会論文賞," 情報処理学会, 2011年6月.
[3] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム, 2010年7月.
[4] 白木 徹, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要, 西尾 章治郎, "優秀論文賞 ," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2009), 2009年7月.
[5] 原 隆浩, 春本 要, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "テレコムシステム技術賞," 電気通信普及財団, 2000年3月.